メイクの仕方でだいぶ変わります

メイクと洗顔

メイクはクレンジングでまず落としますがそのあとの洗顔が重要になってきます。最近はクレンジングと洗顔が一緒になっているものなども販売されていますが、やはり別々になっているものを選び、しっかりとメイクを落としたうえで次に洗顔料を使って洗顔で汚れを落とすということが重要です。

 

洗顔料とクレンジングは全く別のものです。同じだと思ってクレンジングだけで済ませてしまったり、メイク落としを使わずに洗顔料だけでメイクを取るというようなことのないように両方を使い分けてきちんと洗顔をするということがメイクのノリをよくすることにもつながります。メイクをクレンジングでしっかり落としてから洗顔料を使うようにしましょう。

 

洗顔をするときには必要以上に肌をこすってしまうと、肌に摩擦が出てそれがしみを引き出す要因になってしまうこともあります。シミの原因を引き起こすことのないようにするためには洗顔料をまずはネットなどを使ってよく泡立ててから使うことが大切ですし、その泡でよく洗顔するということが大切になってきます。自分に合った洗顔料をまず選ぶことも大切です。

 

自分に合わない洗顔料を使ってしまったために吹きでものが出てしまったり肌トラブルになるということもあります。乾燥肌にもつながりますから自分に合ったものを選ぶようにするのが一番の方法になります。
メイクを綺麗にするためには洗顔から実は丁寧に行わなければいけないということを覚えておきましょう。

メイクと毛穴

メイクはメイク落としやクレンジングで落とすことが一般的ですが、クレンジングでしっかりと自分は落としたと思っていても、実は毛穴の中に汚れが詰まっているということはよくあることです。

 

1日中メイクをしているわけですから、必然的にメイクが毛穴の中に入っていくことはよくあることです。この毛穴に入ってしまったメイクを放っておいて蓄積されるとにきびの原因にもつながりますし、毛穴も黒ずんで目立ってきます。肌トラブルの多くがメイク汚れが毛穴に詰まって起こってしまっているといわれているくらいですから、しっかりと汚れを落とす必要があります。

 

毛孔の中に詰まったメイクの汚れをしっかりと落とそうと思ったら洗顔をしっかりしなければいけないということはわかっても、ごしごしと力を入れてすればいいという問題ではありません。力を入れて行えば、それだけ肌を傷める原因にもなりますから注意しなければいけません。

 

最初に蒸しタオルを使って、毛穴を十分に開かせた状態で丁寧にクレンジングクリームを使ってメイクを落としたうえで洗顔で汚れを落とすのが一番の方法です。そして洗顔をした後というのは、毛穴が開きますから、引き締めなければ開いたままの毛穴にまた汚れがたまってしまいます。

 

ですから毛穴が開いているという場合にはさらに引き締めるために化粧水をつけて毛穴を引き締める必要があります。しっかりと毛穴のケアができていればメイクをしたときの仕上がりも化粧ノリも違ってきますからお勧めです。